一人暮らし部屋の条件

一人暮らしをするときの最高の部屋の条件

一人暮らしで一番考えなければならないのが部屋探しでしょう。
失敗しないようにするためにはいろいろな基礎知識を知っておく必要があります。
今回は【一人暮らしをするときの最高の部屋の条件と沼南エリア:藤沢市湘南台駅周辺情報】についてお話します。
 
  • 一人暮らしをする場合の理想的な部屋の条件
 
いろいろとあれもこれもと欲がでてくるのが一人暮らしの部屋探しの特徴でしょう。
いろいろと住みたい部屋の条件を出してしまいます。
ですが、シビアに考えてみたら全ての条件をクリアする部屋に住むならば想像以上に高い家賃を支払わなければなりません。
 
そこで、最高の部屋の条件をまずは明らかにしましょう。
3つの要素があって(1)静かさ(2)広さ(3)明るさになります。
 
1番目の静かさは、静かな部屋です。
大学の講義や仕事に疲れてしまって一人暮らしの部屋に帰ってきます。
周辺の環境が繁華街でうるさかったら落ち着くこともできません。
身体も心も安らぎを感じることはありません。
 
イライラして落ち着かない毎日をすごしていると精神的な疾患になることもあります。
静かな部屋は一人暮らしの部屋探しの大切な要素になります。
 
2番目の広さは、ゆとりのある部屋のことです。
一人暮らしだからといって3畳一間の部屋はどうでしょうか?
実際に物件を見に行けば実感しますが、生活はしづらいでしょう。
だったら広ければそれでいいのか?そうでもありません。
広すぎる部屋になると、どこか淋しさが自然と沸いてきます。
 
広さのフィーリングは個人差があるでしょう。
ですが一人暮らしのときの基本はキッチンと6畳一間が基本になるでしょう。
6畳よりも広ければさらに住みやすい環境になります。
 
部屋の広さは精神的な豊かさを維持してくれます。
心のゆとりを与えてくれるのが広い部屋です。
自分がもっとも心地良い広さを見つけましょう。
 
3番目の明るさは部屋にどれだけ多くの光が入ってくるかどうかです。
あなたが一人暮らしをする場合に、一日中太陽光線が差し込まない薄暗い部屋と太陽の光が差し込む明るい部屋とどちらが良いかイメージしてください。
 
大部分の人で健全な精神の持ち主ならば明るい部屋を選ぶでしょう。
対抗用船は人間が生きて行く上で大切な恵であることを誰しもが理解しているからでしょう。
薄暗い部屋で住んでいたら気分もすさんできます。
 
  • さらに女性がひとり暮らしをするならば「安全」という要素もあります
 
多少家賃が高くても女性の場合は安全性を優先して欲しいです。
犯罪が起こっているケースの大部分は防犯面がしっかりしていない物件です。
空き巣が入る場合に男性の部屋と女性の部屋が並んでいたら、わざわざ男性の部屋に這い入りません。
女性はそれだけ狙われやすいことを意識するべきです。
では具体的にどういったところに注意すればいいでしょうか?
 
1番目は1階よりも2階を選ぶことです。
一般的に1階のほうが空き巣に入りやすいでしょう。
危険率はグンとアップするのです。
2階だったら安全という意味合いではないです。
 
2番目はドアホン+モニター付きの部屋を選ぶことです。
ドアを開けたと同時に押し入ってくる犯罪防止に効果があります。
怪しい人物はその場でお引き取り願いましょう。
最近では宅配便のスタッフになりすましてドアをあけさせようとする野郎もいます。
ドアチェーンは最後まではずさないようにしましょう。
 
3番目は洗濯物を室内に干すか男性下着と一緒に干しましょう
予想以上に効果的です。部屋に男がいると分かれば犯罪者は警戒します。
 
4番目は外部からみて女性の一人暮らしと思わせないようにすることです。
特にカーテンでピンク色なんて最悪です。
女性が住んでいると宣伝しているようなものです。
可愛いタイプのカーテンがいいかもしれませんが、犯罪抑止効果はまったくありません。
 
5番目はオートロック機能がついた物件を選びましょう。
誰でもが何の制限もなく自由に入れるようなマンションは危険です。
最近のマンションはオートロックが当然ですが、古いマンションはありません。
オートロックだからといって過信するのは危険です。部屋の鍵は面倒でもしっかりかけましょう。

東西線 賃貸

半蔵門線 賃貸